なぜ、工務店・住宅会社にとってブランディングが必要なのか?

 

ブランディングの必要性

持ち家市場が30万戸を切る時代になりました。

地域工務店の市場を取ろうと、ハウスメーカーもパワービルダーも必死です。

従来通りのことをやっていては同質化、または遅れをとり

価格競争の消耗戦に巻き込まれ、衰退は必然です。

 

今こそ、従来の住宅業界の慣習を超えて、他社との違いを打ち出す必要があります。

そして不特定多数より、特定のお客様に熱烈に支持される戦略が必要です。

この戦略をブランディングと言います。

 


ブランディングとは

ブランディングとは「高級化」とイメージしがちですが、そうではありません。

ブランディングとは「選別」を意味します。

どう識別していただくか。どう選んでいただくか。です。

遠くても買いに行くパン屋さん、特定の車種に絞った中古自動車店もブランドです。

ブランディングとは、自社の家づくりやサービスのコンセプトを

特定のユーザーに価値があると認識させ、

市場でのポジションを築くマーケティング戦略のことです。

ブランディングの確立によって、家づくりに対する価値とともに

共感や信頼を得られるため、差別化できた顧客を獲得することができます。

 


住宅会社における

ブランディングのポイント

ポイント1=コンセプト

従来の業界常識を打ち破ったコンセプトが必要です。

単なるデザイン・性能・スタイル・おしゃれ、といった「モノ」のブランディングではなく、

発想を自由にし「こんな暮らし方」もあるのか、という発見のある提案にします。

ライフスタイルを刺激することによって「ここで建てたい」という欲求を喚起します。

 

ポイント2=ターゲットを明確にした広告展開

認知度の低いターゲットに響く広告展開をしなければなりません。

住宅雑誌においても、独自性にある目立つ広告が必要です。

 

ポイント3=価値観の共有・教育

無いものを受注生産で売る注文住宅においては、人として選ばれることが決定打となります。

ブランドの持つ世界観・価値観を共有し、独自性のあるスキルを磨くことが必要です。

 

 

 

 


ブランディングは、他には無い、その会社だけにしか無い「コンセプト」の抽出と表現。

「コンセプト」とは、その会社“らしさ”であり“強み”であり、

他が真似しようとしても真似できないもの。

お客様に、マーケットに「選ばれる理由」となるものです。

 

最初は小さな「きっかけ」かもしれないし、点々としているかもしれない。

それらを整理し、適切に表現することで、

徐々にまとまりができて、大きく強くなっていく。

その工程や過程にブランディングの意義があると考えます。

 

 

Branding process

ブランディング・リブランディングの進め方

 

戦略診断ミーティング

 

◆戦略分析

 ①過去の成功要因の検証と当時の環境分析

 ②今後の環境変化の予測

 ③今後の戦略課題と3カ年目標の設定

◆マーケティング分析

 ①SWOT(強み・弱み・機会・脅威)分析

 ②3C分析

 ③ターゲットと競合設定

 ④市場獲得予測の設定

 

 


ブランド戦略の設定

 

◆ブランドイメージ共有ワークショップ

 ①キーワード・ビジュアルの抽出とブレスト

 ②ペルソナ(理想の顧客像)

 ③カスタマージャーニー

 ④目標・ビジョンの共有

◆ブランド戦略の基本方針設定

 ①ブランドコンセプトの提案・設定

 ②ブランドイメージの提案・設定

 ③VI提案・設定(ブランドネーム・ロゴ・キービジュアル)

 

 


プロダクト&マーケティング戦略

 

◆プロダクト(提案商品)戦略

 ①ターゲットへの推奨仕様とプライスライン

 ②ファサードパターン開発

 ③プランニング手法開発

◆プレイス&プロモーション

 ①ブランドコンセプトを反映できる拠点の企画

 ②既存モデルハウス改装・リスタイリング

 ③分譲型モデルハウス企画

 ④プロモーション展開企画

 

 


コンテンツ企画・イベント企画

 

◆ブランドコンセプトをデザイン・提案に反映するコンテンツの企画開発

 Ex サードプレイス発想の空間

 Ex つくる。食べる。寛ぐ。入浴。ファッション。遊ぶ。